東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 埼玉 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【第100回全国高校野球選手権大会・埼玉】

南北代表の座かけ きょう県大会開幕

 第100回全国高校野球選手権記念埼玉大会は七日、開幕する。連合チームを含め、計158チームが甲子園の切符をかけた戦いに挑む。開幕戦は午後一時半から県営大宮公園球場で川越西と大宮東が対戦する。

 南北に分かれて行われる今大会。優勝校がそれぞれ甲子園に進出する。南は5年ぶり13回目の県大会優勝を目指す浦和学院、北は昨年、県勢初の夏の甲子園優勝を果たした花咲徳栄が本命だ。

 開会式は午前十一時から同球場で実施。浦和学院の蛭間拓哉主将が選手宣誓する。悪天候の場合は翌八日に延期される予定。 (牧野新)

 

この記事を印刷する

PR情報