東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 栃木 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【第100回全国高校野球選手権大会・栃木】

作新、初戦は那須清峰 国学院栃木は足利

抽選で選手宣誓を引き当てた黒磯南の渡辺主将=宇都宮市で

写真

 第100回全国高校野球選手権記念栃木大会の組み合わせ抽選会が二十日、宇都宮市の県総合教育センターであり、59チームの対戦相手が決まった。8連覇に挑む作新学院は那須清峰と、今春の選抜大会に出場した国学院栃木は足利と、それぞれ初戦で対戦する。

 栃木大会は七月六日に宇都宮市の宇都宮清原球場で開幕する。シードは作新学院、青藍泰斗、白鴎大足利、国学院栃木、文星芸大付、宇都宮南、小山南、佐野日大の八チーム。

 選手宣誓は26チームが希望し、抽選で黒磯南の渡辺龍司主将が引き当てた。渡辺主将は「まさかと思ったが、うれしい。100回記念の大会でプレーできることは喜び。100回記念に合った宣誓をしたい。何を言うのかはみんなと相談したい」と決意を述べた。

 決勝戦は七月二十二日午前十時から同球場で。(北浜修)

 

この記事を印刷する

PR情報