東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 栃木 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【第100回全国高校野球選手権大会・栃木】

3回戦の4試合でシード校が順当勝ち 8強が出そろう

 第100回全国高校野球選手権記念栃木大会は十六日、3回戦4試合があった。宇都宮南、青藍泰斗、白鴎大足利、文星芸大付のシード校4校がそれぞれ勝ち上がり8強が出そろった。

 宇都宮南−宇都宮北は初回に4点を先制した宇都宮南が、その後も得点を重ねて押し切った。白鴎大足利は終盤八回に3点を加え、4−0で大田原を振り切った。準々決勝は十八日に始まる。 (小川直人)

 

この記事を印刷する

PR情報