東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 栃木 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【第100回全国高校野球選手権大会・栃木】

佐野日大と作新 4強かけて激突 きょうから準々決勝

 六日開幕した第100回全国高校野球選手権記念栃木大会は8強が出そろい、十八日に宇都宮市の宇都宮清原球場で準々決勝が始まる。

 8強に残ったのは、八連覇に挑む作新学院のほか、佐野日大、宇都宮南、青藍泰斗、白鴎大足利、文星芸大付のシード6チームと、ノーシードから勝ち上がった宇都宮工、足利大付。

 十八日は2試合があり、佐野日大と作新学院の強豪同士が激突する。もう一試合はノーシードの2校が対戦する。十九日に準々決勝の残り2試合、二十一日に準決勝、二十二日に決勝が予定されている。会場はいずれも宇都宮清原球場。 (高橋淳)

 

この記事を印刷する

PR情報