東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 栃木 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【第100回全国高校野球選手権大会・栃木】

準々決勝 白鴎大足利と青藍泰斗が4強

 第100回全国高校野球選手権記念栃木大会は十九日、準々決勝2試合があり、青藍泰斗と白鴎大足利が準決勝に進出した。

 シード校の青藍泰斗は同じくシード校の宇都宮南と対戦。八回に2点、九回は3点を奪い、宇都宮南を圧倒した。青藍泰斗のベスト4進出は2年連続18回目。

 同様にシード校同士の対決となった文星芸大付−白鴎大足利は四回に白鴎大足利が先制。文星芸大付は八回に2点を奪うも及ばなかった。白鴎大足利のベスト4進出は3年ぶり12回目。

 準決勝は二十一日に行われる。 (蒲敏哉)

 

この記事を印刷する

PR情報