東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 高校野球大会・首都圏 > 栃木 > 記事一覧 > 記事

ここから本文

【第100回全国高校野球選手権大会・栃木】

作新×白鴎大足利 きょう決勝

 第100回全国高校野球選手権記念栃木大会は二十一日、宇都宮市の宇都宮清原球場で準決勝2試合があり、いずれもシード校の作新学院と白鴎大足利が決勝戦に進んだ。

 8連覇を狙う作新学院とノーシードで勝ち上がった宇都宮工の対戦は、作新学院が初回に1点を先制し、終盤まで投手戦が続いた。宇都宮工は八回に同点に追い付いたが、九回裏、サヨナラ本塁打で作新学院が接戦を制した。

 シード校同士の対戦となった青藍泰斗−白鴎大足利。白鴎大足利が五回、3点を挙げ均衡を破った。好守で青藍泰斗の反撃を抑え、六、七回と得点を重ねてコールド勝ちした。 (小川直人)

 

この記事を印刷する

PR情報