東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 東京歌壇 東京俳壇 > 入選作一覧 > 記事

ここから本文

【東京歌壇 東京俳壇】

2018年6月10日

【特選の歌】

◆佐佐木幸綱 選

だんだんと「我が家」になりゆく新宅にヤマボウシ咲き若葉風吹く(東京都武蔵野市 横井 愛子)

ホームにて優しき人と言われたり義母の手を取り話聴く時(東京都町田市 冨山 俊朗)

◆東直子 選

百鬼夜行のようなキッチン鍋が鳴き夜型人間いんげん茹でます(神奈川県茅ケ崎市 中森 舞)

羽化の途中で死んでゆく蛹たち あなたをなぐさめる語彙がない(千葉県船橋市 能川 遥)

【特選の句】

◆小澤實 選

屋久島の沖で夏潮分かれけり(神奈川県横須賀市 岡本 育子)

珈琲より新茶を所望今日の客(東京都東久留米市 高橋 澄子)

◆石田郷子 選

朝焼や一番電車生まれたて(甲府市 村田 一広)

珈琲を熱く五月の雨を聞く(埼玉県久喜市 利根川輝紀)

 

この記事を印刷する