東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 東京歌壇 東京俳壇 > 入選作一覧 > 記事

ここから本文

【東京歌壇 東京俳壇】

2018年6月17日

【特選の歌】

◆佐佐木幸綱 選

我を待つ酒場どこにもあらざれば頭を低うして入れてもらはむ(甲府市 村田 一広)

まだ夜のけだるさ漂う歌舞伎町朝日をあびて研修にいそぐ(埼玉県草加市 神保 公一)

◆東直子 選

はじめからやり直すことをこんなにも明るく勧めるATMは(栃木県栃木市 早乙女 蓮)

これまでは気にも留めない木漏れ日がしくじった日は集まってくる(大阪府摂津市 砂山ふらり)

【特選の句】

◆小澤實 選

木漏れ日を浴びる鶏初夏の朝(名古屋市北区 土居 健悟)

脱ぎしシャツ投ぐる五月の光かな(千葉市若葉区 渡邊 晴生)

◆石田郷子 選

雨の日の涙の花が咲いて夏(名古屋市北区 土居 健悟)

その話蛍袋の中で聞く(東京都江東区 片岡まさき)

 

この記事を印刷する