東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 核心

ここから本文

【核心】

 在日米軍が今秋、イスラム過激派組織の掃討作戦などで使われている無人戦闘機のデモフライト(展示飛行)を、神奈川県の厚木基地などで計画している。防衛関係者への取材で分かった。米軍が日本国内への配備を検討し始めたとみられる。防衛省も二十年かけて戦闘型の無人機技術を開発する工程表を公表。日本でも無人機の配備・開発を巡る動きが加速している。 (望月衣塑子)(3月23日 紙面から)

 

PR情報