東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 核心

ここから本文

【核心】

 第三弾に突入した米中の制裁関税の発動は、互いのメンツをかけた「チキンレース」の様相を呈してきた。圧力を強める米国への対応に中国は苦慮するが、国内で「弱腰」と受け止められれば中国指導部への不満が高まりかねず、関税以外の報復措置も検討する。一方、ハイテク技術で中国の追い上げを恐れるトランプ米政権も、中間選挙を控えて一歩も引かない構えだ。泥沼化した貿易戦争の結末は見えない。 (北京・安藤淳、ニューヨーク・白石亘)(9月25日 紙面から)

 

PR情報