東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 核心

ここから本文

【核心】

 原子力規制委員会に3、4号機の新規制基準への適合を正式に認められた関西電力大飯原発(福井県おおい町)は、17日に4号機が再稼働した高浜原発と13キロしか離れていない。東日本大震災で事故を起こした東京電力福島第一原発と、危機的状況に陥った第二原発間の距離とほぼ同じだ。巨大災害の発生時に想定される事故の同時発生にどう備えるのか。答えがないまま「原発銀座」の復活が迫る。 (中崎裕)(5月25日 紙面から)

 

PR情報