東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 核心 > 核心一覧 > 記事

ここから本文

【核心】

「辺野古」争点化避け 名護市長に自公系新人

 沖縄県名護市長選が四日投開票された。同市辺野古(へのこ)で米海兵隊の新基地建設を進める安倍政権が支援し、自民、公明両党などが推薦した元市議の渡具知武豊(とぐちたけとよ)氏(56)が、建設反対を訴えた無所属現職の稲嶺進(いなみねすすむ)氏(72)を破り、初当選した。安倍晋三首相はあらためて建設推進を表明。しかし、選挙戦で渡具知氏は新基地問題の争点化を避け、米海兵隊の県外移転を目指す政策協定も公明党県本部と交わした。建設を加速させる民意を得たとは言い難い。(吉田健一)

 

【こちらは記事の前文です】

記事全文をご覧になりたい方は、東京新聞朝刊をご利用ください。
東京新聞は、関東エリアの駅売店、コンビニエンスストアなどでお求めいただけます。
「東京新聞電子版」なら全国どこでも、また海外でも、記事全文が紙面ビューアーでご覧いただけます。


購読・バックナンバーをご希望の方は「新聞購読のご案内」をご覧ください。

掲載日やキーワードから記事を探す「記事検索サービス」もご利用ください。

この記事を印刷する

PR情報