東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 核心 > 核心一覧 > 記事

ここから本文

【核心】

くすぶる「戦力不保持」削除 12年草案を根拠に

 自民党憲法改正推進本部が7日開いた会合では、戦力不保持を定めた9条2項を維持して自衛隊の存在を明記する執行部の方針に、異論がくすぶった。反対論の根拠となっているのが、党が2012年にまとめた改憲草案。執行部は棚上げしているが、撤回されてはおらず、意見集約を急ぐ安倍晋三首相(党総裁)らの足かせとなっている。(生島章弘)

 

【こちらは記事の前文です】

記事全文をご覧になりたい方は、東京新聞朝刊をご利用ください。
東京新聞は、関東エリアの駅売店、コンビニエンスストアなどでお求めいただけます。
「東京新聞電子版」なら全国どこでも、また海外でも、記事全文が紙面ビューアーでご覧いただけます。


購読・バックナンバーをご希望の方は「新聞購読のご案内」をご覧ください。

掲載日やキーワードから記事を探す「記事検索サービス」もご利用ください。

この記事を印刷する

PR情報