東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 核心 > 核心一覧 > 記事

ここから本文

【核心】

非核化に溝残し会談へ トランプ氏 ノーベル賞、中間選挙を意識

 トランプ米大統領による北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長に対する突然の中止通告から八日。米朝首脳会談は結局、当初予定通り、シンガポールで十二日に開催されることになった。非核化を巡る両国の隔たりは依然として大きいが、最終的に開催にこだわる両首脳の意思が優先されたとみられる。米朝の駆け引きを巡る思惑は−。(ワシントン・後藤孝好、北京・城内康伸)

 

【こちらは記事の前文です】

記事全文をご覧になりたい方は、東京新聞朝刊をご利用ください。
東京新聞は、関東エリアの駅売店、コンビニエンスストアなどでお求めいただけます。
「東京新聞電子版」なら全国どこでも、また海外でも、記事全文が紙面ビューアーでご覧いただけます。


購読・バックナンバーをご希望の方は「新聞購読のご案内」をご覧ください。

掲載日やキーワードから記事を探す「記事検索サービス」もご利用ください。

この記事を印刷する

PR情報