東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 核心 > 核心一覧 > 記事

ここから本文

【核心】

小笠原空路、実現なるか 環境懸念 高速船含め3度頓挫

 小笠原諸島(東京都小笠原村)は今月二十六日、米国から返還されて五十周年を迎える。この半世紀、千キロ離れた本土と結ぶためジェット機や高速船の就航が三度検討されたものの、いずれも頓挫。都は小型機導入案を打ち出したが、環境などへの懸念もあり、小池百合子知事の判断が注目される。四度目の正直となるのか−。 (榊原智康)

 

【こちらは記事の前文です】

記事全文をご覧になりたい方は、東京新聞朝刊をご利用ください。
東京新聞は、関東エリアの駅売店、コンビニエンスストアなどでお求めいただけます。
「東京新聞電子版」なら全国どこでも、また海外でも、記事全文が紙面ビューアーでご覧いただけます。


購読・バックナンバーをご希望の方は「新聞購読のご案内」をご覧ください。

掲載日やキーワードから記事を探す「記事検索サービス」もご利用ください。

この記事を印刷する

PR情報