東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 核心 > 核心一覧 > 記事

ここから本文

【核心】

米朝会談で緊張「緩和」 アピールするが… 政府 ミサイル警戒変えず

 シンガポールで十二日に行われた米朝首脳会談の共同声明には、朝鮮半島の「完全非核化」が盛り込まれたが、日本にとって脅威となってきた弾道ミサイルには触れずじまいだった。安倍政権は、当面の危機は薄れたとアピールしながら、ミサイル警戒態勢を維持する方針。「北の脅威」を理由に、米国から積極的に武器を購入する姿勢も変えていない。(新開浩)

 

【こちらは記事の前文です】

記事全文をご覧になりたい方は、東京新聞朝刊をご利用ください。
東京新聞は、関東エリアの駅売店、コンビニエンスストアなどでお求めいただけます。
「東京新聞電子版」なら全国どこでも、また海外でも、記事全文が紙面ビューアーでご覧いただけます。


購読・バックナンバーをご希望の方は「新聞購読のご案内」をご覧ください。

掲載日やキーワードから記事を探す「記事検索サービス」もご利用ください。

この記事を印刷する

PR情報