東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 核心 > 核心一覧 > 記事

ここから本文

【核心】

PAC3撤収…でも地上イージスは購入方針 トランプ氏へ配慮鮮明

 防衛省は三十日、米国から購入する地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」の取得内容と、中国・四国地方や北海道に展開していた地対空誘導弾パトリオット(PAC3)部隊の撤収を公表した。警戒強化と緩和という相反する方針を、同じ日に明らかにしたことで、六月の米朝首脳会談後、北朝鮮の脅威に関し、強弱の見解を使い分けてきた日本政府の姿勢が鮮明になった。背景に浮かぶのは、トランプ米大統領への配慮だ。 (新開浩)

 

【こちらは記事の前文です】

記事全文をご覧になりたい方は、東京新聞朝刊をご利用ください。
東京新聞は、関東エリアの駅売店、コンビニエンスストアなどでお求めいただけます。
「東京新聞電子版」なら全国どこでも、また海外でも、記事全文が紙面ビューアーでご覧いただけます。


購読・バックナンバーをご希望の方は「新聞購読のご案内」をご覧ください。

掲載日やキーワードから記事を探す「記事検索サービス」もご利用ください。

この記事を印刷する

PR情報