東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 核心 > 核心一覧 > 記事

ここから本文

【核心】

中国、北国境に監視所 密輸取り締まり強化

 北朝鮮と国境を接し、中朝貿易の約七割を占める中国遼寧省丹東(りょうねいしょうたんとう)市周辺で最近、新たに中国国境警備隊が監視所を設置し、密輸や北朝鮮人の不法入国に対する取り締まりを強化している実態が明らかになった。習近平(しゅうきんぺい)政権は、米国に対抗して朝鮮半島の安全保障で主導権を握るため、北朝鮮の経済支援を進めたいのが本音だ。あえて統制強化に踏み切ったのは、国連安全保障理事会の決議に基づく制裁が緩んでいるという国際社会の批判をかわすためだとみられる。 (遼寧省丹東で、城内康伸)

 

【こちらは記事の前文です】

記事全文をご覧になりたい方は、東京新聞朝刊をご利用ください。
東京新聞は、関東エリアの駅売店、コンビニエンスストアなどでお求めいただけます。
「東京新聞電子版」なら全国どこでも、また海外でも、記事全文が紙面ビューアーでご覧いただけます。


購読・バックナンバーをご希望の方は「新聞購読のご案内」をご覧ください。

掲載日やキーワードから記事を探す「記事検索サービス」もご利用ください。

この記事を印刷する

PR情報