東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 核心 > 核心一覧 > 記事

ここから本文

【核心】

トランプ氏世界市場翻弄 中国、交渉再開本音は「歓迎」

 中国商務省は十六日、王受文(おうじゅぶん)商務次官ら代表団が八月下旬に米中貿易協議のために訪米すると発表した。トランプ米政権は中国との間で追加関税の応酬による貿易摩擦をエスカレートさせており、この協議に事態打開の突破口を託す淡い期待が広がる。一方、米政権がトルコに対して鉄鋼関税を倍に引き上げる輸入制限で対立を深めたことを機に、連動して新興国通貨が軒並み乱高下。トランプ大統領に世界の市場は翻弄(ほんろう)されている。 (木村留美、北京・安藤淳)

 

【こちらは記事の前文です】

記事全文をご覧になりたい方は、東京新聞朝刊をご利用ください。
東京新聞は、関東エリアの駅売店、コンビニエンスストアなどでお求めいただけます。
「東京新聞電子版」なら全国どこでも、また海外でも、記事全文が紙面ビューアーでご覧いただけます。


購読・バックナンバーをご希望の方は「新聞購読のご案内」をご覧ください。

掲載日やキーワードから記事を探す「記事検索サービス」もご利用ください。

この記事を印刷する

PR情報