東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 核心 > 核心一覧 > 記事

ここから本文

【核心】

有権者の1% 改憲左右 総裁選 来月20日投開票

 自民党は二十一日の総裁選挙管理委員会などで、九月七日告示、二十日投開票の日程で総裁選を実施することを正式決定した。連続三選を狙う安倍晋三首相(党総裁)は、二〇一九年中の国民投票も視野に九条改憲を進める考えで、選挙結果は改憲の行方を大きく左右する。しかし、投票資格を持つ党員らは全有権者の約1%。識者は、党員以外の国民も関心を持ち、世論の流れをつくることが大切と指摘している。 (山口哲人、川田篤志)

 

【こちらは記事の前文です】

記事全文をご覧になりたい方は、東京新聞朝刊をご利用ください。
東京新聞は、関東エリアの駅売店、コンビニエンスストアなどでお求めいただけます。
「東京新聞電子版」なら全国どこでも、また海外でも、記事全文が紙面ビューアーでご覧いただけます。


購読・バックナンバーをご希望の方は「新聞購読のご案内」をご覧ください。

掲載日やキーワードから記事を探す「記事検索サービス」もご利用ください。

この記事を印刷する

PR情報