東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 核心 > 核心一覧 > 記事

ここから本文

【核心】

経産省 公文書管理問題 モリカケ逆手 隠ぺい指南

 経済産業省が政治家の発言などを記録に残さないように指示していた問題は、森友・加計問題で政府が追及を受けた経緯を、逆手に取った構図が浮かび上がる。森友・加計問題では真相解明を阻むずさんな公文書管理が批判され、その反省からガイドラインが改められた。改正の趣旨に逆行するような経産省の対応を、専門家は「政府にとって不都合な情報漏れを防ぐ対策」と指弾する。 (中沢誠)

 

【こちらは記事の前文です】

記事全文をご覧になりたい方は、東京新聞朝刊をご利用ください。
東京新聞は、関東エリアの駅売店、コンビニエンスストアなどでお求めいただけます。
「東京新聞電子版」なら全国どこでも、また海外でも、記事全文が紙面ビューアーでご覧いただけます。


購読・バックナンバーをご希望の方は「新聞購読のご案内」をご覧ください。

掲載日やキーワードから記事を探す「記事検索サービス」もご利用ください。

この記事を印刷する

PR情報