東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 核心 > 核心一覧 > 記事

ここから本文

【核心】

「ロシアのスパイ」 米摘発 新たな火種

 米大統領選への介入など「ロシア疑惑」の捜査が進む中、ロシア人留学生の女がスパイとして摘発され、米ロ間の新たな火種となっている。米捜査当局によれば、共和党を一層「ロシア寄り」にするため、全米ライフル協会(NRA)やキリスト教団体など保守系有力組織に食い込み、党有力者との裏ルート構築を画策。米大統領選に出馬したトランプ氏とプーチン大統領の会談までもくろんでいた。 (モスクワ・栗田晃、ワシントン・後藤孝好)

 

【こちらは記事の前文です】

記事全文をご覧になりたい方は、東京新聞朝刊をご利用ください。
東京新聞は、関東エリアの駅売店、コンビニエンスストアなどでお求めいただけます。
「東京新聞電子版」なら全国どこでも、また海外でも、記事全文が紙面ビューアーでご覧いただけます。


購読・バックナンバーをご希望の方は「新聞購読のご案内」をご覧ください。

掲載日やキーワードから記事を探す「記事検索サービス」もご利用ください。

この記事を印刷する

PR情報