東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 神奈川 > 記事一覧 > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【神奈川】

夜間、早朝は江の島へ立ち入り自粛を ポケモンGOで藤沢市観光協

 藤沢市観光協会は二十八日、スマートフォン向けのゲーム「ポケモンGO(ゴー)」の利用者に対して、二十九日から当面の間、夜間から早朝にかけて江の島島内への立ち入り自粛を呼びかけると発表した。

 市観光協会によると、二十二日のポケモンGOの配信開始後、島入り口付近に多くのゲーム利用者が集まるようになった。通常は人がまばらになる夜間も来訪者が絶えず、スマホ画面の光や利用者同士の会話などで島民の生活環境が悪化。江島神社や土産物店、飲食店などでつくる「江の島観光会」は二十五日、ゲーム内でアイテムが入手できる「ポケストップ」の削除を要請したという。

 市観光協会担当者は「ゲーム利用者は江の島で生活している住民がいることを知らないのではないか。理解してほしい」と話す。立ち入り自粛を求めるのは午後十時〜早朝まで。島入り口で地元住民らが呼びかけることにしている。 (吉岡潤)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】

PR情報