東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 神奈川 > 記事一覧 > 1月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【神奈川】

やまゆり園建て替え 異論噴出に知事「非常に心外」

 昨年七月、入所者十九人が殺害されるなどの事件があった相模原市緑区の県立知的障害者施設「津久井やまゆり園」を、現状の規模で建て替える県の方針をめぐり、障害者団体や有識者から異論が相次いでいることについて、黒岩祐治知事は十一日、報道陣の取材に「非常に心外」と語った。

 知事は、障害者福祉は地域生活への移行がテーマとなっていることに触れて「大きな流れは承知している」とした。

 その上で、事件直後に園職員や入所者家族らから聞き取った結果、現場の悲惨な状況から現施設を活用し続けることは困難と判断したと説明。「緊急事態を早く修復しなければならない。切実な思いを受け止め、早く進めるべきだと決断した。建て替え判断そのものが間違っているのでは、と言われることは非常に心外だ」と述べた。

 一方で知事は「意見を整理して、どう具体的に反映するか、しっかり受け止めて前向きな形を出していきたい」とも語り、三月末の「園再生基本構想」の策定に向けてさらに検討する考えを示した。

 建て替え方針については、十日の関係団体・有識者ヒアリングで、現在の定員百五十人の施設規模での建て替えに異論が噴出。大規模施設ではなく、小規模施設を整備してほしいなどの要望が出た。 (原昌志)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報



ピックアップ
Recommended by