東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 神奈川 > 記事一覧 > 3月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【神奈川】

気付きにくい障害に配慮を 県内市町村で「ヘルプマーク」無料配布

県内でも無料配布するヘルプマーク=県庁で

写真

 思いやりを広げよう−。県は二十二日から、外見上は分かりにくい障害がある人も支援を受けやすくなる目印「ヘルプマーク」を、県内市町村で配布する。東京都から始まった取り組みで、都県境を越えてともに進めていく。 (原昌志)

 心臓や腎臓の疾患を抱えていたり、義足や人工関節を使用したりしている人も周囲の援助を受けやすいようにと、都は二〇一二年にこのマークを発案した。縦八・五センチ、横五・三センチの札で、かばんやベルトにぶら下げられる。

 障害者を示すマークはすでにいくつもあるため県は当初、増やすことに慎重だった。しかし、京都府や和歌山県、青森県などが相次いでヘルプマークを導入。認知度の高まりを受け、県議会でも昨年、活用を求める声が出たため、都と連携して普及に取り組むことにした。

 二十二日からの配布に合わせ、「ヘルプマークを知っていますか?」と呼び掛けるポスターの掲示を市町村に依頼する。チラシも送付する。鉄道、バスをはじめ公共交通機関へも周知の協力を呼びかける方針だ。

 県障害福祉課の担当者は「マークをつけている人には、電車やバスで席を譲ったり、困っているようだったら声をかけたりしてほしい。都と協力して取り組みをより広げたい」と話している。

 各市町村の障害福祉担当窓口で、当面一万個を希望者に無料で配る。

 来年度も一万個を作成する予定。問い合わせは、県障害福祉課=電045(210)4709=へ。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】

PR情報