東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 神奈川 > 記事一覧 > 4月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【神奈川】

ベルマーレ本拠地移転 平塚など4市10カ所候補

 サッカーJ2湘南ベルマーレの本拠地移転を検討する「湘南スタジアム研究会」の第二回会合が十九日、平塚市商工会議所で開かれた。移転先の候補として、平塚、茅ケ崎、藤沢、小田原の四市で計十カ所が挙げられた。

 会議は非公開で行われ、移転先候補の具体的な場所は明かされていないが、十カ所の内訳は民有地三カ所、公有地七カ所。現在、ホームとして使われているBMWスタジアム(平塚市大原)は含まれていない。

 ベルマーレの真壁潔会長は「今後、コンサル会社がそれぞれの候補地の実現可能性を調査する。次回の会合で、移転候補はさらに絞られると思う」との見方を示した。次回以降、スタジアムをコンサート会場などとしても使えるよう、音楽関係の専門家にも意見を求めるという。

 研究会は、湘南地域の各商工会議所会頭やJリーグ理事、県サッカー協会、県ラグビー協会関係者ら九人で構成し、初回の会合は一月に開いた。今年十二月までに移転候補地を絞り込み、ベルマーレに答申する予定だ。 (布施谷航)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】

PR情報