東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 神奈川 > 記事一覧 > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【神奈川】

障害者施設運営の店を紹介 鶴見区が冊子発行

鶴見区地域自立支援協議会が発行した冊子

写真

 横浜市鶴見区の福祉関係団体でつくる「区地域自立支援協議会」は、区内の障害者施設が運営するカフェやパン屋、雑貨店などをまとめた冊子「つるみでおかいもの」を発行した。区役所やJRと京急線の鶴見駅、冊子掲載の障害者施設で入手できる。

 A5サイズで十八ページ、カラー刷りで五千五百部印刷。発行費用は五十万円。冒頭に区の地図と二十五カ所の施設名と連絡先をまとめた。「カフェ こっとーね」(豊岡町)の石窯で焼いたピザや、区のマスコットキャラクター「ワッくん」をかたどった「ふれんどーる絆」(鶴見中央)のクッキー、鶴見ワークトレーニングハウス(豊岡町)の巾着袋など、各施設の商品を写真付きで紹介している。

 区の担当者は「冊子を見て施設の取り組みを広く知り、親しみを持ってほしい」と話している。問い合わせは、鶴見福祉保健センター=電045(510)1847=へ。 (志村彰太)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報