東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 神奈川 > 記事一覧 > 5月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【神奈川】

円熟の大輪 バラ2000株見頃 横浜イングリッシュガーデン

色とりどりの大輪を咲かせたバラが広がる横浜イングリッシュガーデン=横浜市西区で

写真

 横浜市西区の横浜イングリッシュガーデン(YEG)に植えられた色とりどりのバラ二千株が見頃を迎えた。六千六百平方メートルの園内に、赤や白、紫といった千七百品種が広がる。

 多くの株は今年植栽五年を迎え円熟した大輪を咲かせた。甘い香りが漂う五十メートルの「ローズトンネル」では多くの来園者が足を止めカメラを構えていた。同市旭区の西野花(にしのはな)史奈さん(38)は「さまざまな色の組み合わせがきれい」と喜んだ。

 YEGによると、今月下旬まで見頃が続く見込みだが、二十、二十一日ごろにピークを迎える。開園は午前十時〜午後六時。六月四日までは、入園料一般千円、中学生以下四百円など。

 朝の澄んだ空気の中、バラの香りを楽しんでもらおうと、今月下旬まで午前八時〜九時半の時間帯も開園する(同時間帯からの入場は、一般千五百円、中学生以下六百円)。問い合わせはYEG=電045(326)3670=へ。 (加藤豊大)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】

PR情報



ピックアップ
Recommended by