東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 神奈川 > 記事一覧 > 6月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【神奈川】

切り絵に親しみ20年 元教員の青木さんが高津で作品展

切り絵作品を紹介する青木幸夫さん=高津区で

写真

 元教員の青木幸夫(ゆきお)さん(69)=川崎市多摩区長沢=の作品展「切り絵シリーズ〜散歩道で」が、大山街道ふるさと館(高津区溝口三の一三の三)で開かれている。近作を中心に六点を、額に入れずにむき出しで展示。青木さんは「貼り重ねた紙に触れることでも、切り絵の魅力を楽しんでほしい」と来場を呼び掛けている。 (山本哲正)

 青木さんは一九七〇年から、川崎市立中学校の国語科教員を務め、王禅寺中(麻生区、現王禅寺中央中)や富士見中(川崎区)の校長を歴任した。現在はNPO法人教育活動総合サポートセンター(高津区)で、不登校の児童生徒らの支援活動をしている。

 幼い頃から絵を描くのが好きで、水彩、油彩を楽しんできた。約二十年前に手伝った、学校関係者の遺作展で切り絵に出合った。のりで貼り合わせた紙がしわくちゃになるなど苦労しながら独学で腕を磨いた。

 「今はもっぱら切り絵ばっかり」。材料となる和紙などは、東京や旅先の専門店で集める。散歩では、何か作品になりそうな風景はないかと考える。

 主なテーマは風景、花、仏。風景の場合、気に入った場所をスケッチして持ち帰り、何日もかけて構図を考える。だいたい決まると、毎晩一〜三時間ほどかけて紙を切って貼り、一作品ができあがるまでに数週間かかるという。

 今回は二〇一五年以降の作品で、宮前区野川の影向(ようごう)寺境内にある「老イチョウ」や、自宅の裏手から見た富士山など。「老イチョウ」では、根元に立つほうきを持ったお地蔵様もていねいに再現。一ミリ前後に刻んだ緑色の画用紙で木の葉を表した。

 「色を塗りたければ絵を描けばいい。切り絵では一切着色しないのがこだわり」と話す青木さん。和紙の染めむらや、繊維の粗い部分を計算して配置し、豊かな表現をしている。「紙の風合いを生かせるだけ生かしてある。じっくり見てほしい」

 作品展は七月三十一日まで、大山街道ふるさと館の展示室へ通じる回廊で。午前十時から午後五時まで。入場無料。問い合わせは、同館=電044(813)4705=へ。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報



ピックアップ
Recommended by