東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 神奈川 > 記事一覧 > 7月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【神奈川】

横浜市長選 候補者アンケート(上)

 横浜の四年間のリーダーを決める横浜市長選は、三十日に投開票される。カジノ誘致、中学校給食の実現、財政再建策など横浜の抱える課題を、各候補はどう考えているのか。本紙は現職の林文子さん(71)、元衆院議員の長島一由さん(50)、元横浜市議の伊藤大貴さん(39)の三候補に、市の現状や政策課題に関する九問について聞いた。百点満点で採点してもらった項目もあるが、林さんだけは「自己採点はなじまない。採点は有権者に任せる」として具体的な点数はつけなかった。各候補の回答(各問四十字以内、採点部分は除く)を二回に分けて紹介する。 (志村彰太)

 (届け出順)

【問1】 林文子市長の2期8年の成果を採点し、理由も書いてください

【問2】 あなたが横浜市長になった場合、最優先で取り組む課題と政策を教えてください

【問3】 カジノ誘致の是非が争点に浮上していますが、横浜にカジノを誘致する熱意はどれくらいありますか。点数で教えてください。理由も書いてください

【問4】 横浜市の4月時点の待機児童は2人でしたが、希望の認可保育所を利用できない保留児童は増加しています。現在の待機児童対策を採点してください。点数の理由と有効な対策も書いてください

◆林文子(はやし・ふみこ)さん(71) 無現<2>=自公

【問1】

 合格点

 子育て、教育、福祉、経済、まちづくりまで、市民の皆さまとの約束はおおむね果たせた

【問2】

 将来を支える子育て、高齢者福祉。災害に強いまちづくり。活力を生み出す経済活性化

【問3】

 採点せず

 国レベルで議論が進められており、その中身を見たうえで適切に判断していくべきもの

【問4】

 合格点

 ほぼゼロは総力を挙げた取り組みの結果。多様なニーズに対応し、保育の質も向上させる

◆長島一由(ながしま・かずよし)さん(50) 無新

【問1】

 20点

 お金を集めカジノ誘致など林市長の利益誘導型政治に市民が強い憤りを感じているため

【問2】

 全国ナンバーワンの市政のガラス張りにより税金のムダを廃し、効率性の高い自治体経営

【問3】

 0点 

 ギャンブル依存による生活保護、自殺者が増えるリスクと横浜にはふさわしくないため

【問4】

 60点

 保留児童解消が必要。保育園など施設の要件緩和や施設で働く人に対する待遇改善

◆伊藤大貴(いとう・ひろたか)さん(39) 無新

【問1】

 50点

 可もなく、不可もなかったように思う

【問2】

 人口減少の中、現役世代に選ばれる都市に。学校教育の充実と、子育てしやすい環境整備

【問3】

 0点

 依存症、治安、子どもの教育への問題があるほか、横浜が築いてきた価値に合わない開発

【問4】

 50点

 一定量は確保されたが限界も。質向上が急務。将来的な供給過剰など現市政の展望に課題

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報



ピックアップ
Recommended by