東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 神奈川 > 記事一覧 > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【神奈川】

道灌役に子孫・北村さん 来月、伊勢原でまつり

太田道灌役の北村有起哉さん(伊勢原市提供)

写真

 伊勢原市で十月十四、十五日に開かれる「伊勢原観光道灌(どうかん)まつり」で、まつりを彩る十五日のパレードに登場する太田道灌の役を、道灌の子孫で俳優の北村有起哉(ゆきや)さんが務めることが決まった。北村さんは道灌の子孫らでつくる「太田道灌顕彰会」の特任参与にもなっている。

 道灌は江戸城を築いた室町時代後期の戦国武将。築城の名手として知られ、学問に精通していたとされる。現在の同市で暗殺され、市は道灌の遺功をしのんで一九六八年からまつりを開いている。今年は五十回の節目となる。

 パレードは道灌のタカ狩り行列や、源頼朝の妻で、市内にある日向薬師を信仰していた北条政子の参詣行列をイメージ。十五日午後零時二十分〜一時四十分、伊勢原駅周辺の約二・四キロを練り歩く。政子役は北村さんの妻で女優の高野志穂さんが務める。問い合わせは市商工観光課内の実行委員会=電0463(94)4711・内線2131=へ。 (布施谷航)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報