東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 神奈川 > 記事一覧 > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【神奈川】

藤沢の海水浴客 過去20年で最低の153万人

 藤沢市は八日、今夏(七月一日〜八月三十一日)の市内三海水浴場の人出が、過去二十年で最低の百五十三万九千人にとどまったと発表した。二百四十一万五千人だった前年に比べ36・3%減り、二百万人を割ったのは二〇〇一年以来となる。八月の天候不順が大きく響いた。

 多くの小中学生らが夏休み中だった七月二十一日〜八月十日は、長期にわたって日本上空にとどまった台風5号の影響もあり前年比44%減。かき入れ時のお盆期間を含む八月十一〜二十日は同50%減だった。

 三海水浴場の人出の内訳は片瀬東浜四十一万五千人、片瀬西浜・鵠沼百十一万八千人、辻堂五千三百人。市によると、三海水浴場で八月に三〇度以上を記録したのは十九日で、昨年に比べ七日少なかった。 (布施谷航)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報



ピックアップ
Recommended by