東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 神奈川 > 記事一覧 > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【神奈川】

地元産トマト、豚肉 カレーで味わう 藤沢商議所が商品化 24日限定販売

藤沢特産のトマトと豚肉を使ったレトルトカレー

写真

 藤沢商工会議所は、藤沢市特産のトマトと豚肉を使ったレトルトカレー「トマトと豚のふじさわカレー」を商品化した。24日に市内で開かれる「藤沢市民まつり」に合わせて、藤沢商工会館「ミナパーク」1階ロビーで一箱600円、2000個限定で販売する。

 同市は、冬春トマトの生産量が年間約2000トン、養豚業者による豚の飼育頭数は約1万8000頭と、いずれも県内一。国内有数の観光名所・江の島ばかりが注目されがちな同市で、こうした特産品もあることを知ってもらおうと、商議所青年部の有志がカレーの開発に取り組んだ。

 カレーは、トマトのざく切りを煮込んでほどよい酸味を引き出し、特産の高座豚のうま味とブレンドさせたのが特長。レシピを市内の飲食店に提供し、ご当地カレーとして展開することも視野に入れている。青年部の露木良光会長は「半年かけて開発した苦心作。評判が良ければ増産も考えたい」と話した。 (布施谷航)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報