東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 神奈川 > 記事一覧 > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【神奈川】

動画で啓発 高齢者の交通安全 専門学校生が制作

啓発動画の一場面(岩崎学園提供)

写真

 高齢者の交通安全意識を高めようと、「学校法人岩崎学園横浜デジタルアーツ専門学校」(横浜市港北区)の学生六人が十五秒の啓発動画二本を制作した。二十一〜三十日の全国交通安全運動に合わせ、川崎競馬場(川崎市)のスクリーンなど県内四カ所の大型ビジョンで放映される。

 昨年始まった同学園と県警との連携事業の一環。県警によると、県内では六十五歳以上の高齢者が関わる交通事故が全体の三割を占める。昨年度は二万七千九十一件中八千六百十七件だった。

 動画の一本は、車が行き交う風景を背景に「信号無視の車と衝突」などと事故が多発する状況をテロップで紹介し注意を促す。もう一本は「おじいちゃん死なないで」とメッセージを掲げる女の子が登場し、高齢者の心情に訴えかける。

 リーダーの渡辺楓河(ふうが)さん(23)は「加害者、被害者にかかわらず、交通事故で悲しむ人がいることを改めて考え、注意してもらいたい」と話した。

 動画は、投稿サイト「ユーチューブ」の「神奈川県警交通総務課チャンネル」でも見られる。 (加藤豊大)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報