東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 神奈川 > 記事一覧 > 9月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【神奈川】

中小企業支援で提携 川崎信金と横浜の財団

業務提携を結んだIDECの牧野理事長(左)と川崎信金の草壁理事長=横浜市中区で

写真

 川崎信用金庫(川崎市川崎区)と、中小企業を活性化させる活動をしている公益財団法人「横浜企業経営支援財団」(IDEC、横浜市中区)は二十九日、横浜市の中小企業の支援強化を目的とした業務提携を結んだ。

 同信金は川崎市内四十店舗のほか、横浜市内にも十四店舗を持つ。景気回復の実感がない中小企業を支援するため、横浜市の支店で専門家が経営相談会を実施したり、互いが開く研修会に出席し合うようにして知識を共有したりする。

 中区で開かれた締結式で、IDECの牧野孝一理事長は「双方のお客さまにメリットを感じてもらえる提携にしたい」と話し、同信金の草壁悟朗理事長は「IDECは中小企業支援のノウハウを持っている。川崎だけでなく横浜でも活動を広げていきたい」と語った。 (鈴木弘人)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報