東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 神奈川 > 記事一覧 > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【神奈川】

お龍さんゆかりの地 横須賀・大津を歩く 14日・参加者募集

 晩年を横須賀市で過ごした、坂本龍馬の妻・お龍(りょう)のゆかりの地を歩くイベント「おりょうさんの街大津を巡る」が十四日、市内で開かれる。参加費は三百円(十八歳未満は三十円)、応募締め切りは四日。

 当日は午前九時に京急大津駅前の大津行政センターに集合。お龍の旧居跡や墓のある信楽寺(しんぎょうじ)など、約六キロのコースをガイドの解説を聞きながら巡る。毎年恒例の墓前祭が同寺で同日午後一時半から開かれるのに合わせ、市大津観光協会が主催する。

 お龍は、龍馬が一八六七年に京都で暗殺された後、横須賀に移住。死去後、再婚した男性らが墓を建てた。型破りな性格だったとされ、墓前祭には毎年、大勢の歴史ファンらが訪れる。

 希望者は往復はがきに住所や氏名などを記し、協会宛てに送る。問い合わせは協会=電046(836)3531=へ。 (福田真悟)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報