東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 神奈川 > 記事一覧 > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【神奈川】

<川崎市長選>あす告示 現新3人の争いか 現市政の評価 主な争点に

市役所第三庁舎前に設置された市長選を告知する看板=川崎区で

写真

 任期満了に伴う川崎市長選が八日、告示される。いずれも無所属で、再選を目指す現職の福田紀彦さん(45)、新人で六日に市議を辞職した吉沢章子さん(53)、新人で市民団体役員の市古博一さん(69)=共産推薦=(出馬表明順)の三人が立候補を予定している。現市政の評価などが主な争点で、衆院選と同じ二十二日に投開票される。 (小形佳奈)

 福田さんは、衆院議員秘書や県議を経て二〇一三年の市長選に無所属で出馬して初当選した。

 吉沢さんは、自民党市支部連合会の現職支援の方針に反し、党市議団を離れ立候補を決意した。

 市古さんは、市内の小中学校で約四十年間教員を務め、少人数学級の拡充などを市に求めてきた。

 三日に行われた討論会で、福田さんは子育て支援、吉沢さんは財政基盤の確立、市古さんは憲法を守る市政をそれぞれ重点施策に挙げた。

 期日前投票および不在者投票は九日から二十一日まで。九月一日時点の選挙人名簿登録者数は百二十二万六千三百十二人。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報