東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 神奈川 > 記事一覧 > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【神奈川】

天然成分歯磨き剤 グッドデザイン賞 横浜のベンチャー「トライフ」が開発

歯磨き剤「オーラルピース」と手島さん(中央)ら=横浜市中区で

写真

 横浜市中区のベンチャー企業「トライフ」の歯磨き剤「オーラルピース」が本年度のグッドデザイン賞を受賞した。パッケージなどのシンプルなデザインに加え、天然成分だけで口内の殺菌効果があり、口をすすげない高齢者の介護に役立つことなどが、高評価を得た。

 社長の手島大輔さんは「ビジネスと福祉の融合を模索していた。評価されてよかった」と話した。

 手島さんは父親の介護を通じて、飲み込んでも安全な歯磨き剤の必要性を痛感したという。九州大(福岡市)の研究者らと、乳酸菌が作る天然抗菌剤を配合した歯磨き剤を開発し、二〇一三年に発売した。乳幼児用、アウトドア派らへも活用の幅が広がり、今年七月までに百五十万本を売り上げた。

 商品力だけでなく、全国百五十カ所の障害者就労施設に製造や販売を委託する手法も、「障害者の仕事と収入を創出する」と好感されている。海外では中国や台湾など四カ国・地域で販売。手島さんは「天然成分だけで殺菌効果のある歯磨き剤は、海外にもない。受賞を弾みに販路を拡大したい」と、戦略も磨いていく。一本八十グラムで千二百円(税別)。 (梅野光春)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報