東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 神奈川 > 記事一覧 > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【神奈川】

<衆院選>政党アンケート

 衆院選(二十二日投開票)が後半戦に突入した。各党などは神奈川が抱えるカジノ誘致、米軍施設、ヘイトスピーチの三つの課題にどう取り組もうとしているのか。本紙が、県内で立候補者を擁立した政党などに実施したアンケートの結果を紹介する =政党などの欄のかっこ内は回答者。(衆院選取材班)

【カジノ】 横浜市でカジノを含む統合型リゾート(IR)の誘致が取り沙汰されています。その賛否を表明の上、理由と関連法案に対する姿勢を教えてください

【米軍】 神奈川は沖縄に次ぎ、全国で二番目に米軍施設が多い県です。米軍施設を増やすべきか、減らすべきか立場を明らかにし、その理由を教えてください

【ヘイト】 昨年施行されたヘイトスピーチ対策法には禁止・罰則規定がないなど不備が指摘されています。同法を強化すべきか否か、考えと理由を教えてください

◆自民(党県連)

【カジノ】賛成

 施設全体の一体的な運営により採算性を確保でき、大規模な民間投資が行われ、地域経済の活性化になり、大きな経済効果・雇用創出効果をもたらすため

【米軍】現状維持

 わが国を取り巻く厳しい環境の中、日米同盟の抑止力を維持し、差し迫る危機および脅威に対処するには、日米の協力関係が必要不可欠であると考えるため

【ヘイト】現行のままでよい

 自治体や警察などが法の趣旨を踏まえた上でヘイトデモに厳正に対処すれば事実上封じ込めとなり、訴訟になれば司法の場でも禁止できるため

◆希望(松沢成文・参院議員事務所)

【カジノ】賛否表明せず

 今後検討していきたい。IRの是非は別にして、本人や家族に深刻な影響を及ぼし重大な社会問題となっているギャンブル依存症についても対応を議論する

【米軍】立場表明せず

 今後検討していきたい。日米同盟を深化させる一方、基地負担軽減など地位協定の見直しを求めるなど、日本の主体性を確立する

【ヘイト】立場表明せず

 今後検討していきたい。ヘイトスピーチを含む人種など差別禁止法の制定を図っていく

◆公明(6区・上田勇事務所)

【カジノ】賛否表明せず

 政府の実施法案が提出前の段階なので回答は差し控える。現存するギャンブルなども含めた依存症対策の実行が先決である

【米軍】減らすべきだ

 横浜市内などの米軍基地の返還がかなり進んだ。今後、米軍の再編、自衛隊基地との連携などを勘案し、不要な施設などの廃止・縮小へ交渉を進めるべきだ

【ヘイト】現行のままでよい

 法律施行を評価する。まずは現行法に基づく実効性ある措置の実施に、関係機関が連携して努めるべきだ。罰則などを含めた法改正は多角的な議論を要する

◆共産(党県委員会)

【カジノ】反対

 カジノ誘致は、ギャンブル依存症、青少年への悪影響などにつながり、国際的カジノ資本進出で地域経済振興にはなりません。実施法阻止に全力を尽くします

【米軍】なくすべきだ

 米軍機の爆音、事故、米軍人犯罪などの基地被害は深刻。朝鮮半島の緊張をつくり出す要因ともなっている。基地を撤去し、平和で安全な県土を目指すべきです

【ヘイト】強化すべきだ

 政治家の差別的言動など法理念に反する現状がある。罰則ではなく禁止規定の導入などで実効性を持たせる。世論と、運動の監視を強めることで包囲していく

◆立憲民主(12区・阿部知子事務所)

【カジノ】反対

 賭博は刑法犯罪です。カジノは教育など社会的影響を考慮し慎重な議論を要します。社会問題となっているギャンブル依存症対策への取り組みが優先課題

【米軍】減らすべきだ

 米軍施設返還に粘り強く取り組むとともに、住民生活に影響を及ぼす飛行訓練など、基地運用や航空管制権などの見直しも進める

【ヘイト】強化すべきだ

 憲法の表現の自由はヘイトスピーチを排します。対策法は強化。LGBT差別解消法などを制定し、多様な価値観と少数者の人権を尊重する社会をつくる

◆維新(6区・串田誠一候補者)

【カジノ】反対

 法律として成立させることには賛成ですが、IRを導入するかどうかは各自治体で決めるべきだ。横浜では反対者が多いと思うので反対です

【米軍】現状維持

 軍事施設が少ない方が良いと思うのは当然のことです。しかし現在の北朝鮮の態度からは、抑止力を下げるのは危険です

【ヘイト】立場表明せず

 法律家の立場からすると、ヘイトスピーチの定義が曖昧な気がします。表現の自由と人格権侵害の法益に影響するので、さらに議論を重ねるべきです

◆社民(党県連)

【カジノ】反対

 賭博であるカジノの合法化とリゾート開発推進には多くの問題点や疑問点が指摘されており、IR実施法案は容認できない。法案提出を阻止する

【米軍】なくすべきだ

 原子力空母や戦闘機の離着陸訓練をはじめ、米軍基地の存在自体が県民に多くの危険と不安をもたらしている。米軍基地の整理・縮小・撤去を目指す

【ヘイト】強化すべきだ

 今年七月、川崎でヘイトデモが強行されたように現在の法はヘイトスピーチを防ぎきれていない。人種差別から全ての人が守られるようにすることも課題だ

◆幸福実現(党県本部)

【カジノ】反対

 カジノ自体が目的というよりは、お金を使わせるのが目的。経済政策の行き詰まりを感じていることの表れだ。経済対策の王道を見失ってはいけない

【米軍】現状維持

 自分の国は自分で守る。これが本来の形だ。守れないから米軍がいる。日本を守るための体制をつくること。それまでは少なくとも現状維持

【ヘイト】現行のままでよい

 ヘイトは心のありようであり、外部から制限できない。従って法律になじまない。心の正しい在り方を勧めていく必要がある。文明度の尺度でもある

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報