東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 神奈川 > 記事一覧 > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【神奈川】

選挙割で特別サービス 元住吉駅前の5店参加

選挙割を知らせるチラシ

写真

 川崎市中原区の東急東横線元住吉駅前にあるモトスミ・オズ通り商店街の有志たちが、投票所で交付される「投票済証明書」を提示すると、店などで特別サービスが受けられる「選挙割」を実施する。期間は市長選投票日の二十二日から三日間。 (小形佳奈)

 有志たちは、多くの人に商店街に足を運んでもらいたいと考えており、例えば、市長選と同日行われる衆院選に投票した市外の人などもサービスの対象になるという。鍼灸(しんきゅう)師の新村慶太さん(39)が、知り合いから「選挙割をすれば選挙が盛り上がり、商店街にも新しいお客がくるのでは」と提案されたのがきっかけ。動物病院の代表を務める獣医師の岩佐保宏さん(30)や他の店舗に呼び掛け、計五店舗が参加する。新村さんのマッサージ店「響氣(ひびき)」では通常の施術を十分間延長する。

 また、岩佐さんはペットの無料健康相談をサービス。このほか、和食店でおかず一品(二十四日のみ)、ラーメン店で煮卵、イタリア料理店でワイン一杯のサービスが受けられる。

 商店街振興組合の副理事長の新村さんは、若手目線で活性化に努めているといい、「若い人が選挙に行かないと、若者向けの施策は出てこない」と投票を呼び掛ける。問い合わせは、シリウス犬猫病院の岩佐さん=電044(789)9030=へ。 

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報