東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 神奈川 > 記事一覧 > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【神奈川】

<川崎市長選 私が市長なら> 景観保護条例つくる 川崎区・森明弘さん(49)

写真

 川崎大師周辺でイベントを実施しています。川崎大師観光協会の専務理事です。全国的にも有名な観光地なのに、周辺には、参拝客が街歩きしてもらうような他の観光資源が少ない。大型バスでの団体客も減っていると実感します。

 多摩川沿いの環境は、対岸の東京都側との差が大きい。土手に桜を植えたり水門をPRしたりして整備すればにぎわうはず。夢のようだけど、京急大師線を羽田空港まで延伸すれば環状線になり、人の流れも変わるんじゃないかな。

 周辺の土産物店が店をたたみ、マンションに建て替える例も出ています。一帯は住宅地でもありますが、門前町の雰囲気は大事にしなければいけない。マンションの一階部分は店舗にすることを義務付けるような、景観保護条例が必要です。 (聞き手・大平樹)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報