東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 神奈川 > 記事一覧 > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【神奈川】

政令市で最高額 給付型の奨学金 相模原市が創設へ

 経済的な理由で高校に進学できない若者を減らそうと、相模原市は政令市では最高額の年間十万円の給付型奨学金を創設する方針を決めた。十二月の市議会に関連の条例案を提出し来年度、制度を始める。貧困の連鎖を防ぐのが狙いで、学業成績の要件は設けない。

 他に入学時に支度金として二万円支給し、募集人数は一学年三百人を想定。生徒千人当たりの割合でみると、政令市では名古屋市に次いで多い。対象は市民税所得割額が非課税になっている世帯。中学三年時に募集し、条件から外れなければ高校三年間、支給する。

 成績優秀者を対象に毎年五人を募っている月額一万二千円の給付型は続けるが、新制度と併用はできない。現在の貸与型は廃止する。また、寄付金や市有地を売却した収益などを充てて「市子ども・若者未来基金」を設ける。 (井上靖史)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報