東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 神奈川 > 記事一覧 > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【神奈川】

日本シリーズ ベイ優勝で75億円 横浜市内 浜銀総研が経済効果試算

 浜銀総合研究所(横浜市西区)は、プロ野球の横浜DeNAベイスターズが日本シリーズで優勝した場合、最低でも七十五億円の経済効果が市内で見込めるとの試算を発表した。

 一九九八年に優勝した際の商業施設売上高の伸びや、直近の商業統計などを基に試算。横浜スタジアム(中区)で予定されている三試合全てが実施され、いずれも観客は満員と想定した。優勝後の祝賀イベントには、九八年と同じ四十万人が来場する条件にした。

 その結果、スタジアム来場者の消費額九億七千万円、商店の優勝セールによる売上高増六十一億八千二百万円、祝賀イベントでの消費額四億円で合計七十五億五千二百万円に上った。

 九八年時の試算より十七億円高く、同総研調査部長の北田英治さん(54)は「当時はアジア通貨危機の影響などから景気後退局面だった」と話す。この間の物価上昇や、パブリックビューイング来場者の消費などは考慮しておらず、実際の経済効果はさらに大きいとみられる。

 日本シリーズ(対ソフトバンク)は二十八日、ヤフオクドーム(福岡市)で始まる。横浜スタジアムでは三十一日〜十一月二日に第三〜五戦が行われる。 (志村彰太)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報