東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 神奈川 > 記事一覧 > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【神奈川】

スタンド揺らす歓喜の黄緑 ベルマーレがJ2V、昇格決める

優勝セレモニーで優勝杯を掲げる選手ら=平塚市のShonanBMWスタジアム平塚で

写真

 サッカーJ2湘南ベルマーレが二十九日、平塚市の「ShonanBMWスタジアム平塚」(平塚市大原)で、ファジアーノ岡山と1−1で引き分け、J2優勝を決めた。二十八日にはJ1昇格も確定。降りしきる雨の中、サポーターは曹貴裁(チョウキジェ)監督や選手らと喜びを爆発させた。

 台風22号の影響で、試合開始直前には大きな雨粒がたたきつけるように降る大荒れの天気。それでもJ1昇格の喜びが冷めやらないサポーターたちは、チームカラーの黄緑のポンチョをかぶり、勝つか引き分ければ優勝という一戦に声援を送った。

 両チームともピッチの状態に苦戦する中、湘南は前半44分、ジネイ選手のヘディングで先制。だが後半終了間際に同点に追い付かれ、試合終了のホイッスルが鳴った。

 ベルマーレ平塚時代を含め、リーグ優勝や昇格をホームグラウンドで決めるのは初めて。セレモニーでは、サポーターは飛び跳ねたり、手を突き上げたりして喜んでいた。曹監督は「故障者が相次ぐ中、選手が頑張ってくれた」と今季を振り返った。サポーターの目の前でビール掛けも行われ、スタジアムは祝福ムードに包まれていた。 (布施谷航)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報