東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 神奈川 > 記事一覧 > 10月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【神奈川】

京急のヘッドマーク 戌年ちなみ作品募集

酉年の今年に採用された作品=京浜急行電鉄提供

写真

 京急電鉄は、来年一月一日から大師線の車両前部に掲げる「ヘッドマーク」のデザイン案として、来年のえと「戌(いぬ)」にちなんだ作品を募っている。二作品を選び、採用者には商品券三万円分とヘッドマークの原寸大レプリカを贈る。

 京急によると、採用作品は、川崎大師への参拝客の利用者が増える来年一月一日から二月三日まで、大師線の一部で、先頭と最後尾の車両に掲げる。採用しなかった作品は同期間、川崎大師駅で展示する。

 デザイン案の募集は二〇〇九年に始まり九回目。昨年は市内外から五百八十六点の応募があり、一昨年の三百五十四点から急増した。広報担当者は、不採用作品の展示を昨年始めたことで認知度が上がったとみている。一人で複数点応募する人もいるという。

 募集は十一月二十四日まで。「戌」「川崎大師」「2018」の文字が入っていることや、未発表のオリジナル作品であることが条件。広報担当者は「沿線の利用者の心が温まるような作品を送ってほしい」と話している。

 サイズは縦四十八センチ、横四十三センチ。手書きでも電子データでも受け付ける。応募に関する詳細は、京急のホームページで案内しているほか、問い合わせは、京急ご案内センター=電045(441)0999か、03(5789)8686=へ。(大平樹)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報