東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 神奈川 > 記事一覧 > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【神奈川】

スマホアプリで健康管理 県が新規登録キャンペーン

 県は、自分の健康を管理できるスマートフォンアプリ「マイME−BYO(未病)カルテ」に新規登録するなどした人に、県内プロスポーツチームのサイン入りグッズなどを抽選で贈るキャンペーンを始めた。12月2日まで。

 アプリは歩数を自動計測し、処方された薬や血圧、脈拍数などを手動で入力して健康管理する。県は来年度末までに50万人の利用を目指しているが、現在は2万6000人ほど。キャンペーンで登録者を一気に増やしたい考えだ。

 プレゼントを提供したのは、プロ野球の横浜DeNAベイスターズ、プロサッカーの横浜F・マリノス、川崎フロンターレ、湘南ベルマーレ、プロバスケットの横浜ビー・コルセアーズの5チーム。人気選手のサイン入り色紙やユニホーム、スパイクなどが計250人に当たる。

 応募方法は「アプリをダウンロードし、県ホームページ(HP)の応募フォームに必要事項を入力して送信する」「キャンペーンのツイッターアカウント(@myme_byo)のつぶやきを拡散(リツイート)する」の2種類。詳しい情報は県HP(「神奈川」「未病」で検索)に掲載している。(志村彰太)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報