東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 神奈川 > 記事一覧 > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【神奈川】

旧東海道の名所歩こう 川崎→鶴見まで12キロ

昨年のイベント(川崎市川崎区提供)

写真

 旧東海道の名所や歴史を知ってもらおうと、川崎市川崎区の港町駅から横浜市鶴見区の生麦駅近くまで約十二キロを歩く「旧東海道ウォーク」が十一日に開かれる。両区と、地域振興に取り組む市民団体「東海道川崎宿2023」の共催。川崎区の担当者は「地元のことを知らない人は多い。地域への愛着を深めてほしい」と話している。 (大平樹)

 当日午前九時〜午後二時に港町駅とJR川崎駅東口広場、JR鶴見駅東口広場でスタンプ帳を配る。周辺の史跡など二十一カ所のチェックポイントが書かれ、参加者はそこでスタンプを押す。すべて押した人向けと、四カ所以上の人向けの記念品もある。午後四時まで港町駅と八丁畷駅、生麦駅近くの生麦事件碑前で引き換える。

 チェックポイントは川崎区十六カ所、鶴見区に五カ所設ける。ポイント周辺の飲食店などでは、スタンプ帳を持参するとサービスが受けられる。

 イベントは五回目。二〇一四年に東京都大田区と合同開催し鶴見区とは昨年に続き合同で開く。参加無料で雨天決行。問い合わせは川崎区地域振興課=電044(201)3136=へ。 

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報