東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 神奈川 > 記事一覧 > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【神奈川】

コロボックルの世界感じて 佐藤さとるさんの魅力紹介 横須賀で展示会

展示会で使うタブレット端末で映像を見る児童=横須賀市立野比東小で

写真

 横須賀市出身の児童文学作家で、今年二月に八十八歳で死去した佐藤さとるさんの作品の魅力を伝える展示会が二十二〜二十五日(二十三日を除く)午前九時半〜午後四時、市立野比東小学校多目的ホールで開かれる。入場無料。

 小人の世界を描いた代表作「コロボックル物語」シリーズは、世代を超えて読み継がれるロングセラー。日本のファンタジー小説の祖ともいわれる。

 佐藤さんの死去後、市内各小学校は地元ゆかりの名作を通じて読書の楽しさを広めようと、著作と共に佐藤さんの幼少時の写真パネルなどを紹介する展示会を順次開催。同小では、作品で描かれる山に住む小人をイメージしてもらおうと、タブレット端末の角度や向きを変えるのに合わせて周りの映像が動き、実際に山にいるような感覚を味わえるコーナーも用意する。

 同小は「子どもだけでなく大人も楽しめ、読書の面白さやファンタジーの世界に触れられる。ぜひ来校して」と呼び掛けている。問い合わせは同小=電046(847)1031=へ。 (福田真悟)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報