東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 神奈川 > 記事一覧 > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【神奈川】

分配で所得格差の解消を 慶応大・井手教授が講演

「自己責任を前提にした社会ではもうもたない」と訴える井手英策教授=幸区で

写真

 川崎市内の弁護士らでつくる「かわさき子どもの貧困問題研究会」は十日、同市幸区のミューザ川崎市民交流室で学習会を開いた。慶応大学経済学部の井手英策教授が「頼り合える社会の構想」をテーマに講演し、増税して福祉や教育への予算配分を手厚くすることで、所得格差の解消につなげる考えを訴えた。 (大平樹)

 井手教授は講演で、日本は海外諸国と比べて政府の現役世代向け支出が低いことを挙げ「自己責任の社会をつくっている」と批判した。貯蓄率の減少や所得の低下が、将来不安や自殺率の上昇などにつながったことをデータで示し、「誰もが不安におびえる社会になっている」と指摘した。

 生活保護受給者へのバッシングなどを引き合いに、「自分が中流だと思っている人も生活が厳しい。困っている人を助けようと言っても反発される」と分析。増税分で大学授業料や幼児教育を無償化することで貯蓄の必要が減り、将来への不安が解消されると主張して「税金は取られるものではなく、未来の安心を買うものだ」と発想の転換を求めた。

 時折ジョークを交える軽妙な語り口に、参加者たちからは笑いも起きた。学習会は三回目。子どもの支援団体関係者や市議ら約八十人が参加した。

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報