東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 神奈川 > 記事一覧 > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【神奈川】

バックネット裏にテラス席 ハマスタの魅力アップ 東京五輪に向け改修案

バックネット裏に設けるテラス席のイメージ図(横浜DeNAベイスターズ提供)

写真

 横浜DeNAベイスターズと横浜スタジアムは、2020年東京五輪で野球・ソフトボールの主会場になる同スタジアムの改修案を発表し、バックネット裏の最上段にテラス席を設けることなどを明らかにした。

 テラス席からは、みなとみらい21地区が見渡せ、両社の社長を兼務する岡村信悟さんは「素晴らしい眺めになる。スタジアムの名物にしたい」と話した。同じくバックネット裏に新設する個室観覧席は試合のない日も利用可能で、岡村さんは「会社の懇親会など社交場としても使ってもらえれば」と期待する。

 バックネット裏600席のほか右翼3800席、左翼2700席を増設し、改修で減る分を差し引いて観客席数は2万9000から3万5000に増える。バックネット裏と右翼の工事は19年シーズン前までに終了し、左翼は18年シーズン終了後に工事を始め、20年シーズン開始までに終える。 

  (鈴木弘人)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報