東京新聞のニュースサイトです。ナビゲーションリンクをとばして、ページの本文へ移動します。

トップ > 神奈川 > 記事一覧 > 11月の記事一覧 > 記事

ここから本文

【神奈川】

会計待たずに帰れます 横浜の金沢文庫病院 診察料は口座振替

「会計待ち時間ゼロ」をPRするポスター=横浜市金沢区の金沢文庫病院で

写真

 診察後、会計を待たずに帰れます−。診察料を後日、口座振替で支払えるサービスが横浜市金沢区の金沢文庫病院で始まった。県内の病院では初の試み。担当者は「サービス利用者が増えれば、待合室の混雑も緩和できる」と期待する。

 このシステムは、「エムイーエックステクノロジーズ」(東京都千代田区)が二〇〇四年に開発。導入する医療機関が徐々に増え、今月一日時点で全国百カ所になった。県内では診療所と歯科医院計三カ所も取り入れている。

 サービスを利用する場合は、銀行口座などを登録して会員になった後、病院に「後払いにしたい」と伝える。処方箋は担当医から直接もらえ、利用料は一回百円(税別)。利用した月は、別に口座振替手数料として八十円(同)が必要になる。

 同病院の会計の待ち時間は平均十五〜二十分ほど。午前中は患者が集中し、待ち時間がより長くなる日もある。外来患者から「どうにかならないか」と苦情を受け、サービス導入を決めた。今月一日から二十日までに二十人が登録し、担当者は「待ち時間を節約したい患者に加え、お金の管理が苦手なお年寄りの申し込みもあった」と語る。

 気になるのは利用料。「早く帰りたい」とぐずる長女(8つ)と長男(5つ)を連れて会計を待っていた主婦(44)は「毎回、百円かかるとなると…」と二の足を踏む。担当者は「頻繁に通院すると利用料がかさむ。月に一〜二回来る外来患者に向いているようだ」と話した。 (梅野光春)

 

この記事を印刷する

東京新聞の購読はこちら 【1週間ためしよみ】 【電子版】 【電子版学割】

PR情報